涙袋が手軽にできるのは知ってるけど、どこで受ければいいのかわからない。

 

そんなあなたのために静岡でおすすめの美容クリニックを5院紹介しています。

 

  • 静岡のおすすめ美容クリニック5院
  • 手軽に受けられる涙袋整形
  • 涙袋整形の種類

 

他にも涙袋整形の種類なども紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

静岡のおすすめ美容クリニック5院

品川美容外科

静岡で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

取り扱いしてるヒアルロン酸の種類が多く、その中からお客さんの要望に合うようなものを選んで注入してくれます。

 

部位は違いますがほうれい線や口角の治療なら初回はなんと930円からお試しができますよ。

 

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 片側 41,660円〜

 

品川美容外科 静岡院の情報

静岡市駿河区南町14-25 エスパティオ2F
【電話番号】 0120-106-620
【アクセス】 JR静岡駅 「南口」駅直結徒歩1分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

湘南美容クリニック

静岡で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

湘南美容クリニックも取り扱っているヒアルロン酸の種類が多く、こちらの要望通りのものを選んで提案してくれます。

 

1本1ccのヒアルロン酸が余った場合は唇やシワに注入することも可能です。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入

1cc 38,470円〜
0.3cc 18,000円

 

湘南美容クリニック 静岡院の情報

静岡市駿河区南町10-5 地建南町ビル3F
【電話番号】 0120-401-240
【アクセス】 JR静岡駅南口徒歩1分
【診療時間】 9:00〜18:00

 

 

湘南美容クリニック 浜松院の情報

浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー4階
【電話番号】 0120-966-670
【アクセス】 浜松駅 直結
【診療時間】 9:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

静岡中央クリニック

静岡で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

国内で初めて認証を受けたヒアルロン酸注入材である「ジュビダームビスタR ウルトラ XC」を使用しています。

 

効果が6ヵ月〜9ヶ月続く高純度の薬剤です。

 

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 0.2cc 20,000円〜

 

静岡中央クリニックの情報

静岡市葵区御幸町6-11 一瀬ビル6F
【電話番号】 0120-088-741
【アクセス】 静岡駅より徒歩2分
【診療時間】 9:30〜18:00

 

 

 

 

 

 

聖心美容クリニック

静岡で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

聖心美容クリニックでは涙袋に注入できるヒアルロン酸を4種類の中から選べます。

 

ISO認証を取得したクリニックらしく、余ったヒアルロン酸の保存は不可。もちろん他のお客さんへの使いまわしもありません。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 1cc 65,000円〜

 

聖心美容クリニック 熱海院の情報

熱海市田原本町4-16 伊東園ホテル熱海館1階
【電話番号】 0120-606-228
【アクセス】 JR熱海駅から徒歩2分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

ラ・クリニカ シズオカ

静岡で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

涙袋の治療に1ccのヒアルロン酸を使いきることはあまりなく、1本分の料金で2〜6回の治療を受ける事ができます。

 

ラ・クリニカ シズオカの院長は男性ですが、女性専用クリニックなので男性と会ったりする心配もありません。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 1cc 90,000円

 

ラ・クリニカ シズオカの情報

静岡市駿河区稲川2-2-1 セキスイハイムビル5F
【電話番号】 0120-108-300
【アクセス】 JR静岡駅南口下車 徒歩5分
【診療時間】  10:00〜19:00
毎週水曜日、第2日曜休診

 

 

 

手軽に受けられる涙袋整形

最近は手軽にできることからヒアルロン酸注入で涙袋整形するのが主流となっています。

 

それでは、ヒアルロン酸注入の涙袋整形について見ていきましょう。

 

ヒアルロン酸注入で涙袋整形

ヒアルロン酸は人の体内に元々ある成分なので、副作用やアレルギー反応を起こすのは殆どありません。

 


出典:ヴェリィ美容形成クリニック

 

涙袋のぷっくりさせたい部分にヒアルロン酸を少しずつ注入していき、涙袋をつくります。

 

痛みは注射針を刺す時の痛みだけで我慢できる程度のものです。

 

また、冷却や麻酔をしたり、麻酔入りのヒアルロン酸を注入するなど痛みを軽減することもできます。

 

気になるダウンタイムも極わずかで、稀に腫れや内出血、赤みなどがでる場合があります。

 

腫れや内出血は大したものではなく、メイクでカバ―でき、1週間程度で落ち着いていくでしょう。

 

しかし、ヒアルロン酸は体内で吸収されていくため、半年〜1年くらいで元に戻ってしまいます。

 

 

涙袋を持続させたい場合は、定期的な注入で維持することができます。


 

 

理想的なヒアルロン酸注入

涙袋に注入するヒアルロン酸の量は平均両目で0.2〜0.4tです。

 

また、希望の涙袋の大きさもありますが、目の大きさによって涙袋の大きさを決めると自然な涙袋に仕上がることでしょう。

 

目が一重や二重など、目が小さいのに大きな涙袋にしてしまうと異物感が出てしまいます。

 

また、少しずつ注入するので細かい調整ができ、鏡で確認しながら注入することもできます。

 

 

涙袋整形の種類

脂肪注入

自分のお腹や太ももの余分な脂肪を吸引し、涙袋に注入する方法です。

 

余分な脂肪を吸引し、涙袋に注入することで涙袋整形と同時に部分痩せもできます。

 

脂肪注入は効果が表れ、脂肪が定着するまで3ヶ月ほどかかります。

 

しかし、1度定着した脂肪は半永久的に持続するとされているため、同部位に何度も施術する必要がありません。

 

 

プロテーゼ

下まぶたの目頭と目尻を5〜10oメスで切開し、プロテーゼを挿入して涙袋をつくります。

 

涙袋専用の柔らかいシリコンを使用し、くっきりとした涙袋が手に入ります。

 

プロテーゼがずれないように、下まぶたの皮膚の上から糸で固定します。

 

術後から大きな腫れと内出血が伴い、ダウンタイムは数週間続くことを覚悟しておきましょう。

 

また、ヒアルロン酸注入が主流でプロテーゼ挿入は医師の技術と料金が高額なため、行っているクリニックが限られています。

 

 

外科的手術

下まぶたにある眼輪筋(がんりんきん)という筋肉を目尻まで引っ張り、同時に目袋の余分な脂肪を切除することで涙袋を強調させます。

 

また、同時に余分な脂肪や筋膜を涙袋の部分に移植することで、より効果的な涙袋をつくることができます。

 

術後は大きな腫れと内出血、1週間下まぶたに糸がついた状態で抜糸が必要ですが、1度行えば半永久的に持続するとされています。

 

しかし、希望の大きさや形の細かい調整が難しいため、外科的手術できる医師やクリニックが限られています。